不動産情報HOME4U > 賃貸住宅 > お部屋探しの手引き > 3ヶ月前 間取りはこう見よう

お部屋探しの手引き

賃貸住宅トップへ

3ヶ月前

3ヶ月前 2ヶ月前 1ヶ月前 2週間前 1週間前 前日 当日 入居後

3ヶ月前の手引き住みたいお部屋の条件を決めよう!

どんなお部屋に住みたいか、物件情報を探していると必ず目にするのが「間取り」です。間取りによって住み心地は変わるので、とても重要です。バストイレ別、フローリングか和室か、収納スペースはどのくらいあるのかなど、間取りから収集できる情報はたくさんあるので、自分のライフスタイルにあっているかどうか、必ず確認するようにしましょう。

間取りはこう見よう

どんなお部屋に住みたいか、インターネットや雑誌に紹介されている間取り図を読み込んで、下見したいお部屋を決めましょう。とはいえ、「アパート」と「マンション」は何が違うの? 「間取り図」はどうみたらいいの? など、初めてのお部屋探しなら、疑問に思うことがたくさんあると思います。そんな時には、「賃貸住宅HOME4U」のFAQや不動産用語集などを参考にするといいでしょう。

また、間取り図の見方は下記を参考にしてみてください。

○玄関とお部屋の位置

玄関を開けたらすぐにお部屋の中が見えてしまうような物件は、特に女性にとって防犯上おすすめではありません。また、玄関には靴箱などの収納具があるかどうか確認するといいでしょう。

○間取りの広さ間取り図では、その物件に部屋がいくつあって、どんな部屋なのかを記号で表します。○LDKと表記してあった場合、○は部屋数を、LDKはリビングダイニングキッチンをそれぞれ表しますので、「1LDK」と表示してあったら、一つの部屋とリビングダイニングキッチンがあるということになります。

また広さは占有面積を示しており、バルコニーや専用庭を除いたキッチン・バス・トイレ・玄関などの占める部分をいいます。

○バス・トイレの見方バス・トイレが別々になっているかは、間取り図から読み取ることができますので、バス・トイレ別を希望の方は必ずチェックするようにしましょう。また「UB」と書いてある場合は、ユニットバスであることを示しています。ユニットバスといっても、トイレ・洗面台・バスがすべて一緒になっているのか、それとも、トイレと洗面台・バスが別になっているのか、すべてが別々の構造になっているのか、お部屋によって様々なので、必ず確認するようにしましょう。また間取り図だけでは、広さや実際の使い心地が判らないことも多いので、下見の際に確認するようにしましょう。

○窓、扉の位置窓が多ければ風通しや日当たりが良くなりますし、玄関と部屋の間に扉があれば、玄関から部屋が丸見えということがなくなります。また、窓ははめ殺しではないか、外から覗かれにくい位置になるかを、扉に関しては、内側に開くのか、外側に開くのかも確認するようにしましょう。

○収納スペースの大きさと位置間取り図に書いてある「CL」はクローゼットを、「WCL」はウォークインクローゼットを意味しています。また、押入れの場合、大きさは半間なのか一間なのか、天袋があるのかないのかを確認するといいでしょう。このほか、間取り図について分からないことは、不動産会社に確認したり、実際に下見で確認したりして、疑問点をなくすようにしましょう。

Point

間取りについて分からないことがあれば、不動産会社やインターネットなどで調べるようにしましょう。「賃貸住宅HOME4U」には、よくある質問を集めたFAQや不動産用語集などが用意されていますので、活用してみてください。

印刷して使おう!引越しチェックシート

あなたの物件、いくらで貸せる?

家を貸したい方、
空室を埋めたいオーナー様

貸したらいくら?管理会社を変更したい!
など、管理会社探しは「HOME4U」で!

賃貸経営の無料相談

住まいの購入をご検討の方へ

マンションの購入
マンション購入をご検討の方にオススメ!全国のマンションのカタログを一括請求!
マンションの購入
一戸建ての購入
憧れのマイホームといえば、やっぱり一戸建て!全国の一戸建てのカタログを無料請求!
一戸建ての購入